矯正治療中は虫歯や歯周病になりやすくなります

矯正治療中は虫歯や歯周病になりやすくなります

矯正治療中は歯に装置を取りつけるため、ブラッシングをしても食べカスが残りやすくなります。そのため虫歯や歯周病が進行しやすく、注意が必要な時期です。

八王子市歯医者「市川矯正歯科医院」では、予防専用の診療室を完備し、予防やメインテナンスに力を入れています。矯正治療期間中のブラッシング指導のほか、独自の定期健診システムによって、患者さんのお口の健康維持をサポート。治療が進めば歯並びは少しずつ整い、ケアもしやすくなります。当院と二人三脚で長い治療期間を乗り越えましょう。

歯科衛生士によるブラッシング指導

歯科衛生士によるブラッシング指導

ブラッシングは、「している」のと「できている」ではまったく異なります。そこで当院では口腔衛生の専門家である歯科衛生士が、「歯ブラシの動かし方」から「磨くタイミング」、また「デンタルグッズの選び方」「食事・生活習慣の指導」まで、トータル的に指導しています。

矯正治療中は、装置に食べカスが残りやすいため、ふだんとは違った磨き方をする必要があります。一人ひとりに合ったブラッシング方法を身につけ、治療期間中の虫歯・歯周病を予防しましょう。

市川矯正歯科医院の定期健診システム

市川矯正歯科医院の定期健診システム

当院の特徴の一つに、充実した定期健診システムがあります。年に1~2回のペースで健診を目的に通院していただき、患者さんのご希望があるかぎり継続することで、生涯にわたるお口のケアをサポートしていくものです。

定期健診の内容

定期健診の内容

ご来院の際には、お口の中を前回の来院時と比較し、変化があるのか、ある場合にはなぜ起きたのか、またその対策などをお話しします。ドクターによる診察・説明の後には、担当の歯科衛生士が丁寧なメインテナンスを実施。必要性やご希望に応じて、お口のクリーニング「PMTC」を行います。とくに歯周病の方には、おおよそ3ヶ月に1回はクリーニングを受けられることをおすすめしています。

ご案内から診察までの流れ

当院では定期健診にあたり、以下のような流れによって万全の準備を整えて患者さんをお迎えします。

STEP1ご案内
定期健診の時期が近づきましたら、お知らせのハガキをお送りします。
STEP2ご予約
定期健診にお越しいただく日の、ご予約をおとりいただきます。
STEP3記録の確認
これまでの定期健診における内容などの記録を医師が確認します。
STEP4模型の確認
過去に作製した模型を医師が確認します。
STEP5必要な資料の確認・準備
定期健診当日に必要な資料を準備します。
STEP6書類・カルテの準備
必要な書類をそろえ、カルテと一緒にまとめておきます。
STEP7ご家族の現在の状況の確認
ご家族の中で、当院の患者さんがいらっしゃる場合には、その方の現在の状況を確認します。
STEP8ご来院
万全の準備を整えて患者さんをお迎えします。
クリーニングもおすすめです

クリーニングもおすすめです

ブラッシング指導を受け、毎日きちんとケアしているつもりでも、どうしても落とし切れない汚れが発生します。そこで当院では、歯科衛生士が専用の器具を用いて行う、お口のクリーニングPMTC」をおすすめしています。

PMTCでは、歯と歯、歯と歯ぐきの間はもちろん、矯正装置とのすき間などに入り込んだプラークや歯石、バイオフィルム(細菌の塊)などを徹底的に除去します。とくに汚れが残りやすい矯正治療期間中には、定期的にPMTCを受けることをおすすめします。

>> PMTCについて詳しくはこちら

マウスピースによる虫歯予防~3DS~

マウスピースによる虫歯予防~3DS~

当院では、マウスピースを用いて虫歯・歯周病の予防を図る「3DS」を行っています。3DSとは、「Dental Drug Delivery System」の略。マウスピースの中に抗菌剤を入れて歯に装着し、歯の表面に作用させて虫歯や歯周病の原因菌を殺菌するという方法です。より効果的に虫歯予防を行いたいという方におすすめです。詳しくは、当院までお問い合わせください。

市川矯正歯科医院の「院内紹介・アクセス」について 詳しくはこちら