矯正装置は目立つものだと思っていませんか?

矯正装置は目立つものだと思っていませんか?

矯正装置に「金属の装置とワイヤーを前歯につけるもの」「目立つのではずかしい」というイメージをお持ちではありませんか? しかし近年では、様々な「目立たない矯正装置」が開発され、まわりの人に気づかれずに矯正治療を受けられている方が増えています。「矯正したいけど、目立つ装置ははずかしい」と治療を迷われている方は、ぜひ八王子市歯医者「市川矯正歯科医院」までお気軽にご相談ください。

目立たない矯正はこういう方におすすめです

人前に出るお仕事をされている方
人前に出るお仕事をされている方 芸能人・モデル・アナウンサーといった人に見られるお仕事をされている方、また講師・接客業・営業職などの多くの方と接する方は、他人からの印象が仕事にも影響します。目立たない装置なら、矯正期間中も気にせずお仕事に取り組めます。
目立つ装置に対する抵抗がある方
目立つ装置に対する抵抗がある方 「歯並びを治したいけれど、目立つ装置をつけるのはちょっと……」と、治療をあきらめてしまう方も少なくありません。目立たない装置なら、そのような心配の必要もありません。

大切なイベントが控えている方
大切なイベントが控えている方 結婚式や成人式、就職活動など、大切なイベントが控えているので矯正治療ができない……とお悩みではありませんか? 目立たない矯正装置なら、大切な日を最高の笑顔で迎えられます。

歯の裏側に装置をつける「舌側矯正」

歯の裏側に装置をつける「裏側矯正」

裏側矯正は、文字通り歯の裏側(舌側)に装置を取りつける治療法です。

メリット・デメリット
メリット デメリット
  • 装置がほとんど見えないため、まわりの人に知られずに治療ができる
  • 自浄作用(お口の中をきれいに保つ作用)のあるだ液が装置に届きやすく、表側装置より虫歯のリスクが少ない
  • 1回1回の診療時間が長い
  • 比較的費用が高くなる
  • ブラッシングしにくい
症例紹介

透明なマウスピースの矯正装置「インビザライン」(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)

透明なマウスピースの矯正装置「インビザライン」

透明なマウスピースタイプの装置を用いて、歯をゆっくりと移動させていく治療法です。装置が透明なので目立ちにくく、多くの患者さんがご利用されています。

メリット
メリット デメリット
  • 装置が透明なため、まわりの人に知られずに治療ができる
  • ほとんど痛みがない
  • 自分で取り外せるため、食事やブラッシングの際に支障が出ない
  • 金属の装置やワイヤーを使わないので、お口の中を傷つけない
  • 部分的に治せる治療にも応用できる
  • 1日20時間以上装着する必要があり、自己管理が欠かせません
  • 適応症例が限られており、抜歯が必要な症例などには対応できない場合がある
症例紹介

「矯正治療に興味はあるけど……」 「装置が目立つのがちょっと……」